商品先物取引

国際商品相場での金、原油、穀物のファンダメンタルズを解説

(日本経済新聞11/7/21から引用)金は紙切れにならない実物資産。米財政赤字の拡大などで通貨ドルの威信が揺らぐなか、年金基金などが金に注目した。
(さらに…)

商品相場で利益を上げるヘッジファンドとプロップハウス

(日本経済新聞11/7/21から引用)(大手ヘッジファンド、マン・グループの中核ファンドであるAHLは)相場が上下どちらに動いてもその変動に追随して利益を出す「トレンドフォロー」という手法を得意とする。
(さらに…)

先物取引などの投資用教材に注意しよう

(読売新聞11/8/26から引用)先物取引などを説明する高額の投資用教材の販売を巡るトラブルが、大学生らに増えている。(中略)国民生活センターで注意を呼びかけている。
(さらに…)

商品先物とETFなどの証券市場が融合しつつある

(日本経済新聞10/11/23の要旨)商品先物と証券・金融の市場融合が動き出した。商品取引会社が相次いで東京金融取引所の取引に参入。一方で証券取引所の商品ETF(上場投資信託)の上場ラッシュでETF関連のマネーが商品市場に流入し始めている。
(さらに…)

東工取の4商品がシンガポールでも上場可能に

(日本経済新聞10/10/16から引用)

東京工業品取引所(TOCOM)は15日、アジアの商品などを扱うシンガポール・マーカンタイル取引所(SMX)とライセンス契約を締結したと発表した。
(さらに…)

悪徳業者の実情と騙されないための教訓をナニワ金融道で学ぶ

商品先物取引は、危険なイメージがつきまといます。その原因は、やはり業界に一部の悪徳な業者がいたからです。

(さらに…)

楽天証券が海外商品先物に参入

(日本経済新聞10/9/30から引用)
楽天証券は10月下旬から顧客が海外商品先物を売買できるサービスを始める。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に接続し、金や原油の先物を24時間取引できるようにする。
(さらに…)

台湾の商品取引会社が東工取に承認された

(日本経済新聞10/12/16から引用)東京工業品取引所は15日、台湾最大の商品取引会社、元大フューチャーズ(台北市)を同日付で東工取の取引参加者として承認したと発表した。
(さらに…)

東穀取が東工取に統合を申し入れた

(日本経済新聞10/10/19から引用)
商品取引所国内2位の東京穀物商品取引所(東京・中央)が、同首位の東京工業品取引所(同)に経営統合を申し入れたことが18日明らかになった。

(さらに…)

商品(コモディティー)の分散投資やインフレヘッジのメリット

(読売新聞夕刊10/10/16の野村総合研究所・外薗康智氏の記事から引用)
金や石油、小麦などのコモディティー(商品)へ投資を行うメリットは、既存の株式や債券に対する分散投資効果のほかに、インフレのヘッジ手段となることだ。

(さらに…)
ページ1 / 3123

スポンサード リンク