投資信託・ファンド

REIT(不動産投資信託)の配当効果が大きい理由

(日本経済新聞12/6/13の要旨)先進国株式のここ10年間の価格は、ブレが大きい。一方、先進国REITはこの期間、10年保有なら一度もマイナスになっていない。

(さらに…)

太陽光・風力投信の創設を政府が検討 再生可能エネルギーの普及へ

(日本経済新聞12/6/25の要旨)政府は太陽光や風力などでつくった電力の売電収入を配当の原資とする「太陽光・風力投信」を創設する検討に入った。

(さらに…)

金を組み入れた投資信託の紹介とメリットなど

(日本経済新聞12/4/25の要旨)金(ゴールド)が長年にわたって値上がり基調を続けている。金投資への韓信が広がるのに合わせ金上場投資信託(ETF)以外にも金を組み入れた投資信託が増えてきた。

(さらに…)

外債投資でデュレーションを使ってソブリンリスクを判断する

(日経新聞10/6/6から引用)(中略)いわゆる「ソブリン債」は主に国が発行する債券(国債)を指す。(中略)信用力の高い先進国の国債は平時には比較的安全性の高い投資先だ。
(さらに…)

ヘッジファンド型投信のメリットとポートフォリオへの組み入れ方

(日本経済新聞11/10/10から引用)(金融市場が厳しさを増す中で)注目されやすいのが、相場環境にかかわらず安定した投資利益の確保を目指すヘッジファンド型の投資信託だ。
(さらに…)

高金利で人気の外貨投資のメリットとデメリット

(日本経済新聞11/9/11から引用)外貨投資のメリットは大きく分けて2つある。1つは円が安くなる(投資先の国の通貨が高くなる)局面で為替差益を得られること。
(さらに…)

ETN(上場投資証券)のメリットとリスクヘッジへの活用法

(日本経済新聞11/10/9から引用)(ETNは)国内株式と同じように売買でき、分散投資の手段としても注目を集めている。(中略)
(さらに…)

金属ETFを使って財政危機に備えたりリターンを得るポートフォリオ

(日本経済新聞11/5/30から引用)(中略)四国に住む男性会社員(38)は昨秋、銅の国際相場に連動するETFに投資した。
(さらに…)

投資信託の手数料を解説

投資信託の手数料には3種類あります。

第一に、販売手数料です。販売手数料とは、投資信託を買うときに支払うものです。

(さらに…)

ファイナンシャルプランナーが投資信託などの分散投資を語る

(11/4/12 記述)

(日本経済新聞10/12/26から引用)
急激な円高に揺れた2010年もあと約1週間。個人に資産運用を助言するファイナンシャルプランナー(FP)10人に、今年の個人マネーの動向についてアンケート調査を実施した(中略)。
(さらに…)
ページ1 / 41234

スポンサード リンク