その他の金融商品

人民元取引がFXや預金などに広がっている

(日本経済新聞12/6/13の要旨)三菱東京UFJ銀行など3つのメガバンク・グループと中国の大手銀行が、円と中国人民元の直接取引を開始。これを受け、ネット銀行や外国為替証拠金取引会社が個人向けの人民元建て商品を手がけ始めた。

(さらに…)

企業型確定拠出年金で想定利回りと安全性を重視した投資法

(日本経済新聞11/9/18から引用。企業型確定拠出年金は企業による投資教育を受けるなどして)知識がないと、預貯金においておくだけになりがちだ。
(さらに…)

CO2排出権取引投資の被害に合わないための知識と相談先

(日本経済新聞11/9/21夕刊から引用)二酸化炭素の排出量取引への投資をめぐり、トラブルが急増している。
(さらに…)

確定拠出年金で新興国株式投資信託を活用する方法

(日本経済新聞10/9/30から引用)確定拠出年金(日本版401k)の運用手段として、中国やインドなど新興国株式で運用する投資信託を追加採用する企業が目立ち始めた。
(さらに…)

確定拠出年金の資産運用がうまく行っていない

(日本経済新聞10/10/9から引用)
運用実績によって将来の年金額が変わる確定拠出年金(日本版401k)を導入した企業の担当者の51%が、自社の加入者の資産運用がうまくいっていないと考えていることが、特定非営利活動法人(NPO法人)の確定拠出年金教育協会の調査でわかった。

(さらに…)

個人年金保険の選び方

(読売新聞10/9/28夕刊 社会保険労務士でファイナンシャルプランナーの井戸美枝氏の記事から引用)
「公的年金のように、定期的に口座に入金される金融商品はありませんか」という相談を受けることがあります。

(さらに…)

イラク通貨でトラブルが急増

イラク通貨の購入をもちかけるトラブルが多く発生しているという記事が日本経済新聞に掲載されました。

(さらに…)

ネット外貨預金のメリット

最近はオンライン銀行(ネット銀行)などで外貨預金をすることができるようになりました。そのメリットを考えてみます。

(さらに…)

確定拠出年金を運用するためのポートフォリオの実例

日本経済新聞に企業型の確定拠出年金(日本版401k)で高収益を狙うための運用方法が紹介されていました。ファイナンシャルプランナーの目黒政明氏が回答しています。

(さらに…)

円定期預金と外貨預金の解説

(日本経済新聞10/3/16から引用、抜粋)

日本銀行の統計では、国内における個人の総預金残高は460兆円を超えており、最も身近な金融商品の一つといえる。なかでも、あらかじめ決められた期間、金融機関に資産を預ける定期預金は、普通預金に比べ金利が高く、個人の注目度も高い。
(さらに…)
ページ1 / 212

スポンサード リンク