ホーム » 商品先物取引 »

商品取引所法改正の解説

商品取引所法改正の解説

スポンサード リンク

Pocket

近年、数年ごとに商品取引所法が改正されています。その主な目的は悪質な勧誘を防ぐなどの投資家保護です。

ここでは改正の内容を解説、ご紹介します。

(日本経済新聞09/10/6より引用、抜粋)

99年4月の改正では、新規上場の簡素化で商品の上場ラッシュになった。取引トラブルを調停・制裁する自主規制団体「日本商品先物取引協会」が発足した。
2005年5月の改正では、一度断った人へ繰り返して取引をすすめる「再勧誘」が禁止された。75歳以上の人や年収500万円未満の人への勧誘が原則禁止された。夜間や勤務時間中の電話勧誘が禁止された。
そして09年の改正では、海外当局と情報交換し、市場の監視強化。相場操縦に関する罰則を整備(10/8施行)。
金融商品取引所との相互乗り入れ、内外取引所などとの連携を可能にする環境を整備(10年7月ごろメド)。
不招請勧誘の原則禁止。海外商品や取引所外の取引は許可制に。名称を商品先物取引法に改称(11年1月ごろメド)。

(引用終わり)

コメント:こうやって見てみると、かなり頻繁に改正されてきたのですね。

それにしても、自主規制団体である日本商品先物取引協会がが設立されてからも顧客と業者とのトラブルが絶えないのであれば、自主規制になっていませんね。ですからもっと厳しい改正をしてきたのでしょう。

この点をもっと商品先物業界は重く受け止めるべきでしょう。

2005年の改正はかなり実効性のある規制が盛り込まれたと思います。一回断った人や高齢の方に何度も電話で営業するというのは規制されてしかるべきです。

スポンサード リンク

そして09年の改正。いろいろな改正がなされました。

海外当局と情報交換し、市場の監視を強化するというのは、数年前から海外のヘッジファンドなどが株安で行き場のなくなった資金をアメリカなどの商品市場につぎ込んだために、原油が高騰したりという問題を受けてのことでしょう。

もちろん自由主義経済ですから、何に投資するかというのは原則として自由であるべきですが、原油などは人々の生活に直接影響する商品で、株式などとは違います。

そのため、市場を監視するのは重要だと思います。

他の取引所との連携を可能にしたのは、商品先物市場の低迷を受けてのことでしょう。

不招請勧誘の禁止は民主党の施策に商品取引会社が警戒でご紹介しています。

海外商品や取引所外の取引を許可制にするのは、海外での先物取引をもちかける悪質な業者による被害が増えていることへの対策です。こうした業者には注意しましょう。

やはり商品先物取引はレバレッジが高く、リスクも高い取引です。そのため、必要な規制はしっかりと導入してもらいたいです。

Pocket

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)