ホーム » デリバティブ »

オプション取引のメリットと注意点

オプション取引のメリットと注意点

スポンサード リンク

Pocket

オプション取引とは、金融商品を一定水準で買う権利(コール)と売る権利(プット)を売買する取引です。

オプション取引はデリバティブ(金融派生商品)の一つです。

オプションの売り手は、買い手からオプションプレミアムというお金を受け取ることができます。

オプション取引の特徴は、損失限定のために使えることです。すなわち、オプションでは現物でなく権利を売買するので、権利を買った人はその権利を使わずに放棄することもできます。

例えばコールの売買をみてみましょう。日経平均オプションの10000円のコールの買いを建てたとします。

これは、満期日までに日経平均オプションがどんなに値段が上がっても(例えば13000円になっても)10000円でコールの買い手が日経平均オプションを買うことができるということです。

そこで、例えば13000円になっているときに権利を行使して即転売すれば、3000円分が利益になります。

ただし、買い手は売り手にプレミアムを支払わなければならないので、実質の儲けは3000円からプレミアムを引いたものになります。

逆に、10000円のコールの買いをした後に日経平均が9000円になってしまった場合、現物なら1000円分の損が出ますが、オプションの場合は権利を放棄できます。

この場合、プレミアムだけは支払わなければいけないので、損失はプレミアムだけに限定されます。

これが損失限定に使えるという意味です。

スポンサード リンク


オプション取引をおすすめしない理由

上で述べたように、損失を限定できるという大きなメリットのあるオプション取引ですが、私は特におすすめはしません。

その理由は第一に、わざわざオプションを使わずとも、現物の株式取引でも損切りをすれば十分損失限定ができるからです。この場合にはプレミアムを支払う必要もないのでその分お得です。

第二に、現物取引に比べてとても複雑な仕組みだからです。プットとコールにそれぞれ買いと売りがあり、プレミアムのことも考えなければならないのです。これを理解し、使いこなすのは大変だと思います。

第三に、オプション取引はレバレッジを高くできるので、現物取引よりも格段にハイリスク・ハイリターンです。ハイリスクなので十分注意しないと大きな損失を出してしまうおそれがあります。

もちろん、個人投資家でもプレミアムを狙うなど、オプションを駆使して利益を上げている方もいらっしゃるそうですから、オプション取引も有用だとは思います。

また、上記のレバレッジを高くできるという点は、株式投資の場合ですと信用取引で約3倍ですから、高いレバレッジの取引を望む方には不十分でしょう。

そのため、その場合にはオプション取引はメリットがあるといえます。

結論は、オプション取引に興味がおありなら、デメリットとメリットを比べてメリットが大きいと思えばオプション取引は有用だと思います。たとえばカバードコールは、リスクの小さい、優れた投資戦略です。

しかし、私自身は現物や信用売り(空売り)を使った株式投資で十分だと思います。

Pocket

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)