ホーム » 投資ニュース »

MFグローバルFXA証券への資産の国内保有命令が延長

MFグローバルFXA証券への資産の国内保有命令が延長

スポンサード リンク

Pocket

日経11/12/1によると、金融庁が、MFグローバルFXA証券に発動している資産の国内保有命令を11年12月末まで延長したそうです。

同証券の親会社はアメリカの大手先物会社だそうで、そこが経営破綻してしまったのです。

ということは日本の同証券も危ないのではないかということになります。同社はすでに営業停止をしています。

同社を利用する投資家にとって気になるのは預け資産が保全されるかどうかです。そこで、金融庁も投資家から預っている資産は日本国内に留めておきなさいよ、と命令したのでしょう。

同社も信託保全をしていますから、投資家の資産は原則全額保全されます。それでも、なるべくはやくポジションを解消して、資金を引き出したほうがよいですね。

ちなみにアメリカの親会社はヨーロッパのソブリン債(つまり国債)への投資に失敗してしまったようですね。

Pocket

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)