ホーム » その他の金融商品 »

確定拠出年金の特徴と運用方法

確定拠出年金の特徴と運用方法

スポンサード リンク

Pocket

近年、確定拠出年金を導入する企業が増えてきました。

確定拠出年金とは日本版401kともいい、加入者が自分で運用方針を決めて、運用成績によって将来受け取れる年金額が変わる年金です。

確定拠出年金には企業型と個人型とがあります。

企業型は企業が掛け金を毎月負担します。個人型は、自営業者や企業年金のない会社に勤める従業員などが加入し、掛け金は自分が負担します。

ちなみに年金は3階建てになっていて、1階が国民年金、2階が民間企業の勤労者の加入する厚生年金保険です。ここまでが公的年金です。

そして3階が、公的年金に上乗せするもので、確定拠出年金のほかに、厚生年金基金などの確定給付年金などがあります。

スポンサード リンク

確定拠出年金の特徴は、加入者が自分で運用方法を決めるというところです。預貯金や保険など元本確保型の比率を高くすれば、リスクを低くできますが、それだけ利回りが少なくなってしまいます。

一方、株式や投資信託のような商品の比率を高めると、ハイリスクハイリターンになります。

ところで、確定拠出年金には税制面などでメリットがあります。

第一に、確定拠出年金向けの投資信託では販売手数料や信託報酬が無料だったり安かったりすることがあります。

第二に、税制面の優遇です。まず、現状では運用益に課税されていません。拠出額にも税金がかかりません。年金をもらうときにも原則、非課税措置を受けられます。


デメリットと私の考え

確定拠出年金にはデメリットもあります。まず、年金なので給付を受けられる60歳までは引き出すことができません。

また、元本が保証されないので、運用に失敗すれば資産が目減りしてしまいます。

さて、それでは確定拠出年金はどのように利用したらよいでしょうか。

私は、やはり年金である以上、元本確保型の運用をするのが基本だと思います。具体的には、預貯金や債券などの低リスクな運用をするのがよいでしょう。

もちろん、このような運用方法では利回りが低くなってしまいます。しかし、税金がかからないというメリットがあるので、普通に銀行に預けておくよりは利回りがよいはずです。

株式投資信託などのハイリスク商品を組み込めば、うまくいけば運用益を上げられますが、そのためには知識と経験が必要なので、かなり難しいです。

年金は老後のために積み立てる大事な財産なので、減らしてしまうのは絶対に避けたいところです。そのため、やはりリスクの少ない運用方法をおすすめします。

そして、株式などによる運用も試してみたい場合には、確定拠出年金とは別に小額の余裕資金で、ダブル平均法(姉妹サイトで解説)などを試してみてはいかがでしょうか。

その際にはレバレッジを低くして、とにかく安全にいくことが大事です。そして、何年か運用してみて株式投資などが自分に合うと思えば、自分の手による投資を続けてみてください。

自分の判断で投資を続けると、運用に必要な知識と経験もだんだん身につけることができます。

そして、確定拠出年金よりも自分で株式投資などをした方が利回りなどの点でよいと思えば、確定拠出年金をやめるか、割合を少なくして、株式投資中心で行けばよいと思います(個人型の場合)。

ただし株式投資は安全性重視で続けることが大事です。


安全重視の投資法も

一方、株式投資を試してみてこれは自分には合わないと思えば、株式投資はやめて確定拠出年金を元本確保型か、そこまではいかなくても定期預金や債券の割合を多くするなどして、安全性の高い運用方法で続ければよいと思います。

これなら、株式投資は小額でしか行っていないので、損が出ても少しですし、確定拠出年金は丸々残っています。株式投資が合わないと思えば、おそらく確定拠出年金で株式や投資信託を組み入れた運用をしてもなかなか成果が出ないと思います。

そこで、その場合は利回りは低くなりますが、元本確保型のようなとにかく安全な運用方法で続けていったほうがよいでしょう。

なお、定期預金、株式投資信託、債券投資信託などいろいろな金融商品を組み合わせることをポートフォリオといいます。私の考案した安全性の高い確定拠出年金のポートフォリオをご紹介していますので参考になさってください。
(参考資料:日本経済新聞新聞09/9/21)

Pocket

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)