ホーム » その他の金融商品 »

変額年金保険とは

変額年金保険とは

スポンサード リンク

Pocket

変額年金保険とは、老後の資金をつくるための保険で、運用成績によって将来の受取額が変わるものです。

個人年金保険には、将来受け取れる額が決まっている「定額個人年金保険」と受け取れる額が変動する「変動個人年金保険」とがあります。

この変額年金保険は主に投資信託で払い込んだ保険料が運用されます。そのため、運用がプラスになれば受け取れる額が増えますが、運用で損を出せば受取額が減ってしまいます。

年金保険は老後の生活資金のための商品ですから、運用で損が出れば老後の資金が減ってしまう恐れもあります。

そういったリスクを考えると、お金にかなり余裕のある人でない限り、老後のための資金をすべて変額年金保険にするというのは避けた方が無難だと思います。

スポンサード リンク

また、読売新聞09/8/18によると、「元本を保証するタイプのものもありますが、途中で解約した場合には払い込んだ保険料を受取額が下回ることもある」とのことですのでこの点も注意が必要です。

老後の資金はなくてはならないものですので、リスクの高い商品で運用するのには細心の注意を払う必要があります。

そこで、例えば資金の一部だけを変額年金保険などのリスクのある商品で運用するという方法もあります。

Pocket

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)