ホーム » その他の金融商品 »

イラク通貨でトラブルが急増

イラク通貨でトラブルが急増

スポンサード リンク

Pocket

イラク通貨の購入をもちかけるトラブルが多く発生しているという記事が日本経済新聞に掲載されました。

日本経済新聞10/6/25から引用、抜粋

「イラク通貨を購入すれば必ずもうかる」などともちかけ、高額の契約料を取るトラブルの相談や苦情が、今年3月以降計59件寄せられていることが24日、国民生活センターの調べでわかった。
被害総額はすでに9000万円を超えており、同センターは「イラク通貨は日本でほとんど取り扱いがなく、換金は困難」と注意を呼びかけた。
同センターによると、イラク通貨(イラクディナール)を今購入すれば大きな利益が出るなどとした電話や戸別訪問による勧誘についての相談は、昨年8月から徐々に増加。
「イラクから米軍が撤退すれば政情が安定し、通貨価値が20-30倍になる」「両替すればもうかる」などと勧誘し、2万5000ディナールを一口10万円で契約させるケースが多い。
平均被害額は約230万円に上り、中には2000万円の契約を結んだ人も。詐欺や外国為替・外国貿易法違反の疑いもあるという。
関税定率法で定める外国為替相場(6/20から26日)によると、イラク通貨の為替レートは100ディナール=7.85円で、2万5000ディナールは本来、日本円で2000円弱。

(引用終わり)

次から次へとよくもまあこんなに詐欺の手口を考えるものだとあきれてしまいます。

本来2千円の価値の通貨を10万円で売りつけるとは法外ですね。仮に通貨価値が20倍になったとしても、約4万円にしかなりません。6万円の損です。

イラクから米軍が撤退すれば政情が安定する、というのも考えものです。オバマ大統領はなるべく早期の撤退を検討しているようですが、現在でもテロが頻発しており、なかなか難しいと思います。

また、撤退したとしても政情が安定するとは限りませんし、通貨価値が20-30倍になるという根拠も不明です。

スポンサード リンク

イラクが大変なことになっているのは周知の事実ですから、もしかしたらそのうちに通貨価値が上がるかもしれない、とつい思ってしまいます。

そこにつけ込むのですからずる賢いですね。

そもそも、「必ず儲かる」という話には要注意です。株式や商品先物取引では証券会社や取引業者が「必ずもうかる」と顧客を勧誘することは法律で禁じられています。

どんな金融商品でも、必ず儲かるという話は信じないようにしましょう。

また、今回の話のように外国がらみの投資話も要注意です。外国の事情というのは日本にいると分かりづらいので、その話が本当かどうか判断しにくいのです。

経済状況や家計が苦しいと、どうしても高利回りの運用話は魅力的に思えてしまいます。しかし、そうした話に飛びついてしまう前に、国民生活センターに相談するとか、自分で調べてみることが大事だと思います。

Pocket

スポンサード リンク

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)